沖縄の歴史探訪をしてみよう

沖縄の歴史を静かに感じる「テラマーイ」の旅

「首里十二支巡り」、「テラマーイ(寺参り)」は聞いたことがありますか?これは沖縄にある十二支の守り本尊(ウカチミ)が祀ってある4つのお寺を回ることを指しています。「12カ所巡り」とも言いますが、その名前はお寺が12カ所あるわけではなく、十二支の数字からきているようです。この4つの寺をまわるか、もしくは自分の干支を祀っている寺1つを訪れることで沖縄の歴史を肌で感じてみることができます。本州のお寺で見る仏教の様相とは一味違い、そこには沖縄の民間信仰がチャンプルー(混合)された独特の空気を感じられます。4つの寺をまわる目的は1年間の家内安全や健康祈願でもいいですし、人生の節目に拝みに来るのも良いでしょう。そこで訪れている地元の人々を見れば、4つの寺が地元に密着した寺だということが分かります。

十二支を祀る4つの寺

那覇市首里山にある首里観音堂には6つの干支の守り本尊が祀ってあります。1618年に建てられ 1645年からは琉球王国の国王が国の安全を祈願するための参拝場所となりました。地元の人々は沖縄独特のお酒や果物、線香等々のお供え物セットを携えて訪れます。達摩寺(だるまでら)には卯(う)、戌(いぬ)、亥(い)が、盛光寺には末(ひつじ)と申(さる)が、そして安国寺に酉(とり)が祀られています。地元の人々は昔から伝わる拝みの言葉(グイス)を唱えますが、自分なりの形で願い事をして見守ってもらうように唱え、心に深く刻まれる沖縄旅行にしてみるのもいいでしょう。因みにお賽銭箱にはお供え物セットに含まれていた十円玉三枚と五円玉を入れます。お賽銭や線香、ヒラウコー(平線香)等、準備して沖縄の歴史に近づいてみるのもいい思い出になりそうですね。

沖縄県の西表島のツアーに多くの人が行くのは夏が多いですが、時期を冬にズラすだけでチケットやホテル代が大幅に安くなるんです。観光客の数が少ないので観光地や海を人混みを気にせずに快適に楽しめちゃいます。